これまでウォーターサーバーは、家族世帯を中心とした利用者層が広がっていました。
最近は健康への意識が高まっていった結果、単身世帯でもウォーターサーバーの需要が増えています。
ウォーターサーバー設置によって利便性が高まることはわかるものの、一人暮らしでも本当に必要かどうか考えてしまい、ためらう人もいるでしょう。
ここでは、一人暮らしでもウォーターサーバーが便利な理由や導入した際の失敗例などを紹介していきます。

一人暮らしでもウォーターサーバーを導入した方が良い理由

ウォーターサーバーは、家族で使用するイメージが強く、一人暮らしで使用すること自体が贅沢に感じかもしれません。
またウォーターサーバーを利用する程、使用するかどうかも悩むポイントとなるでしょう。

そこで、一人暮らしでもウォーターサーバーを導入した方が良い理由について説明していきます。
ウォーターサーバー検討中の人は参考にしてください。

水を買うより安く済む可能性がある

ウォーターサーバーを利用するほど水の飲むのか悩むかもしれませんが、ウォーターサーバーによっては水もお湯も自由に出せるのが特徴です。
ウォーターサーバー1台で気軽にミネラルウォーターやお湯も使えるため、飲み水だけでなく、調理用としても使えるのがポイントです。

水を買って飲んでいる場合、自動販売機やコンビニでは500mlで100円は必要です。
そして1ヵ月間、合計で30リットルの水を購入した場合どうなるでしょうか?
自動販売機やコンビニで6,000円以上水のために出費している計算になります。

一方、ウォーターサーバーを自宅に導入した場合はどうなるでしょうか?
同じように水を30リットル使った場合、水の代金は3,500円~4,000円程度であり、電気代に1,000円前後必要です。

使い方によって水の使い方を変えられるので、自動販売機やコンビニで購入している人にとっては安くなる可能性があります。

水を買いに行く手間がなくなる

水を買いに行くのは重くて大変です。
特に女性は、水を買いに行くのが辛いと感じる人もいます。
ウォーターサーバーを導入すると、毎回水を買う手間が省けるだけでなく、重い荷物を持つこともなくなります。
自宅まで宅配で届くので、悪天候の中重い水を運ぶ大変さや購入する手間も解消できます。

ペットボトルのゴミを減らせる

ウォーターサーバーにすると、水を買いに行く手間や安く済むことばかりが目につきやすくなります。
しかし、ウォーターサーバーにすることは環境への配慮もできることになるのです。

市販のミネラルウォーターなどのペットボトルは500mlや2リットルなどの大きさが定番ですが、これらに比べてウォーターサーバーは7リットル~12リットルなど容量の大きさが変わります。
これにより、市販のペットボトルよりも大幅にゴミを削減できます。

一人暮らしのウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを選ぶ際には、いくつかのポイントを確認しながら選んでいくのがベストです。
ここでは、一人暮らしでウォーターサーバーを選ぶ際にチェックしておきたいポイントを紹介します。

注文ノルマがないサーバー

ウォーターサーバーは利便性が高い反面、中には毎月の注文ノルマがある場合があります。
この注文ノルマは、「毎月○本は注文しなければならない」といった利用本数が設定されているものです。
中にも注文ノルマだけでなく、最低でも月に1回は注文しなければならない数が決まっているものもあり、ノルマ消費のために多くの水を購入しなければならない場合もあります。

このような条件を負担に感じて解約する場合もあるので、選ぶ際には注文ノルマや利用本数の縛りがないサーバーがおすすめです。

サイズやスペースを考えて選ぶ

ウォーターサーバーを置くなら、サイズやスペースを考えたものを選びましょう。
一人暮らしの部屋では、あまり大きいサイズのものだとかさばってしまいます。

メーカーにもよりますが幅が30㎝、奥行きが35㎝くらいの大きさが一般的です。
さらに側面や壁から10㎝程度話すと熱もこもりにくくなるので、ピッタリくっつけないように設置するのが良いです。

最近では卓上におけるコンパクトなサイズもあります。
大きさなどのサイズに関しては、置きたい場所や間取りなども考慮すると適したウォーターサーバーが見つかりやすくなります。

女性の場合は、ボトル交換が簡単なものを

ウォーターサーバーを検討する場合、料金や設置場所などには配慮しがちですが、見落とされやすいのはボトル交換についてです。
大きな水の入ったボトルを上に持ち上げて交換するのは力が必要です。
どのメーカーもボトルに大体10リットル程度入っているので、女性の一人暮らしだとかなりの労力がかかってしまいます。

サーバーの下の部分にボトルを設置するタイプもありますが、水道水を使ったタイプであればボトル交換が不要なので利用しやすいです。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー4選

ウォーターサーバーは料金やサーバーのデザイン、大きさや形によっても変わってきますが、選ぶ際には水質にも注目してください。
ここでは、一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを紹介します。
各社の特徴やポイントをまとめるので、ウォーターサーバーを選ぶ際にチェックしてみてください。

エブリイフレシャス

エブリイフレシャスは、宅配水メーカーであるフレシャスから生まれた浄水型のウォーターサーバーです。
現在はエブリイフレシャス ミニという浄水型ウォーターサーバーとなり、コンパクトな見た目とスタイリッシュなデザインが特徴的です。
世界で活躍するデザイナーがデザインを担当し、見た目と使いやすさを求めた機能が備わっています。

専用のタンクに水道水を入れるタイプなので、好きなだけ水を使うことができます。
専用のカートリッジが内蔵されていて、交換のタイミングになると自宅に届くので交換を忘れることもありません。
カートリッジの交換は、誰もが分かりやすく簡単な方法になっています。

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、自宅で美味しい水が飲める浄水型のウォーターサーバーです。
スタイリッシュなデザインなので、ウォーターサーバーらしくなく、インテリアのように部屋に馴染みます。
キッチンやリビングなど、どの空間の雰囲気も邪魔しないデザインがポイントです。

給水口の高さは、日本人女性の平均身長に適した高さに設計されているため、楽な姿勢で使いやすくなっています。
ハミングウォーターは、専用タンクに水を注ぐとマイクロフィルターがろ過し、不純物が除去された水に変わります。

冷水、常温水、温水など用途に合わせて選択すると、すぐに適した水が使えるのが特徴です。
また注ぎ口は1つなので間違える心配もありません。

Locca リフィル

Locca リフィルは、自宅や会社など好きな位置に設置できる浄水型のウォーターサーバーです。
シンプルな見た目なので、どんなお部屋でも馴染みやすいデザインになります。
上部に付いたタンクは鍵を付けて管理できるため、どこでも安全に使用できるサーバーです。

ろ過カートリッジは、1個につき500mlペットボトル800本分の水をろ過できるだけでなく、タンク内はUVランプで6時間ごとに殺菌を繰り返しています。
衛生的でおいしい水が飲めるように、冷水は約5℃、温水は約90℃に保たれているのがポイントです。

外出時や就寝時など、長時間使用しない場合は水の鮮度を保ちながら電気代を節約できるエコモードへの切り替えも可能です。
チャイルドロックも備わっているので、小さい子どもがいる家庭でも安心して使えます。

シャインウォーター

今までウォーターサーバーに寄せられていた声から誕生したウォーターサーバーがシャインウォーターです。
誰もが簡単に操作できるように設計されているのが特徴です。

温水は赤、冷水は青という分かりやすいレバーを押すだけで水が出てきますが、チャイルドロックが付いているので子どもが間違って操作する心配はありません。
冷水は5℃、8℃、10℃、温水は80℃、85℃、90℃のそれぞれ3段階で温度が調節できるので、お好みの温度にしやすいのもポイントです。

外出時や就寝時など長時間使用しない時にはエコモードに設定すると、電力を抑えながらも温度を安定してくれます。
タッチパネル式で操作できるタイプもあるので、操作方法やデザインからお好みのタイプを選ぶのもおすすめです。

一人暮らしがウォーターサーバーの導入で得られるメリット

一人暮らしにも便利なウォーターサーバーがいくつかありましたが、ウォーターサーバーの導入によってどのような部分が便利になるのでしょうか?
ここでは導入によるメリットをご紹介します。

冷水と温水がすぐに用意できる

ウォーターサーバーのメリットといえば、冷水と温水の両方を使える部分です。
夏になると冷蔵庫内は飲み物や食品でいっぱいになりがちですが、ウォーターサーバーがあればボタン1つで冷たい水がすぐ飲めます。

また寒い時期にはポットでお湯を沸かす時間をかけずに温かいお茶やコーヒー、カップラーメンなどもすぐに作れます。
飲み物をよく飲む人には、ウォーターサーバーがとても便利です。

料理で使うことで、より美味しく作れる

ウォーターサーバーの水は、飲むだけでなく料理でも使えるのがポイントです。
水道水を使うよりもウォーターサーバーの方が味もなめらかになり、旨みが引き立つともいわれています。

料理で水を使うシーンはいくつもありますが、特にお米を研いだり炊いたり、味噌汁や煮物を作ったりする際には味の違いも出てきます。
料理に使う水にもこだわりたい人、頻繁に料理を作る人はウォーターサーバーの導入で大きなメリットが得られるはずです。

備蓄用としても使える

ウォーターサーバーはただろ過した水が使えるだけでなく、災害時には水を備蓄できるのが特徴です。
災害時にはどのような状態になるかわかりませんが、電気や水道が止まってしまうと危機的な状況になってしまいます。

一人暮らしの場合、備蓄用の水や食品も自分だけだからとあまり用意していないケースもありますが、このような時にウォーターサーバーがあれば災害時の生活用水として役立ちます。
電源が抜けていても基本的に水は出せるようになっているので、常に水のストックを用意していなくてもウォーターサーバーがあるだけで十分です。

一人暮らしでウォーターサーバーを導入した失敗例

ウォーターサーバーが一人暮らしにも便利な反面、導入したことを失敗だと感じる人もいます。
ここでは、ウォーターサーバーの導入を失敗だと感じた内容について紹介していきます。

水が飲み切れなくて溜まりすぎてしまった

浄水型のウォーターサーバーなら使う分だけ水を用意できますが、中には各メーカーが設定した本数を毎月ノルマとして送ってくる規定があるものもあります。
多くの場合、1ヶ月2本程度(約24リットル)の所が多く、毎月注文できない場合は新たに休止手続きや手数料、追加の支払いを求める所もあるのです。

サイトではノルマなしとしていても、実質最低注文数を決めている場合もあるので事前確認が必要です。
飲み切れずに溜めてしまわないように、最低注文数の少ない所やノルマのないメーカー、また休止可能なメーカーを探すのがおすすめです。

思ったより家計を圧迫してしまうことになった

ウォーターサーバーの利便性ばかりに注目して導入した結果、コストが多くなってしまい家計を圧迫するケースもあります。
水道水が苦手、お湯を沸かすのが面倒、すぐにお茶やコーヒーが飲みたいという要望が叶えられれば大きなメリットに感じますが、それ以上に家計を圧迫してしまえば意味がありません。

短期間でも解約は違約金が発生するケースもあり、余計な出費につながってしまいます。
ウォーターサーバーの導入がどれくらいのメリットとデメリットになるかを考えることが大切です。

水を受け取れなくて手間がかかった

一人暮らしの場合、不在にしている時間が長くなってしまいます。
そのため、水を配達してもらっても都合のよい時間やタイミングが合わない場合もあります。
受け取るタイミングがない、不在時には受け取れないウォーターサーバーにしてしまうと手間や不便だと感じやすいです。

一人暮らしなら、配達日の変更や不在時でも受け取れるウォーターサーバーを選ぶのがポイントになります。
また、仕事が忙しく帰宅時間が予測しにくい場合は浄水型のウォーターサーバーが便利です。

一人暮らしのウォーターサーバーに関連するよくある質問

一人暮らしでウォーターサーバーの使用を検討しているものの、費用やメンテナンス、使い方など様々なことが心配な人もいると思います。
そこで、一人暮らしのウォーターサーバーに関連する質問をまとめてみました。
これからウォーターサーバー導入を検討している人は参考にしてください。

メンテナンスは必要?

ウォーターサーバーを初めて導入する場合、メンテナンスが必要なのかわからない人もいるでしょう。
基本的に全てのウォーターサーバーでメンテナンスが必要です。
もちろん、自分でのメンテナンスもサーバーによるメンテナンスも必要です。

定期メンテナンスとして年に数回設けているサーバーもあれば、無料メンテナンスを行なっているサーバーもあります。
衛生面が気になる場合は、メンテナンス内容や回数を重視して選ぶのがおすすめです。

どれくらいの費用がかかる?

ウォーターサーバーは、毎月水の料金に加えてサーバーのレンタル料金や配送料、電気料金やメンテナンス料金などが必要です。
契約時や解約時にも手数料が発生するものもあり、毎月のプランは安いものの解約のタイミングで費用が生じるサーバーもあります。
ウォーターサーバーをどれくらい利用していくらかかるかなどを確認してから選ぶのが最適です。

計算せずに契約してしまうと、家計を圧迫する事態になります。
月額3,000円程度で使えるものが多くなっていますが、ランニングコストや金額を確認してから契約しましょう。

水を受け取れない場合どうなる?

一人暮らしで帰宅時間がバラバラになってしまう場合、なかなか水を受け取れない事態になりがちです。
ウォーターサーバーの水は、会社によって置き配サービスを実施しているサーバーもあります。

このような場合、事前にアプリから配送時間の変更もできるため、一人暮らしでも受け取りやすくなります。
柔軟に配送調整を行なってくれるサーバーなら、無理なく受け取りやすいです。

まとめ

ウォーターサーバーは、ボタン1つで用途に適した温度の水が使えます。
水やインスタント麺などの調理も簡単にでき、水道水に比べて雑味のないおいしい水が飲めるのが特徴です。
ウォーターサーバーの水を使うことで料理の味も美味しくなり、素材の味を引き立たせることができるので便利でしょう。

しかし、一人暮らしの場合利便性よりもコストが高くなったりや思ったより水を使わなかったりといったデメリットも生じやすいです。
ウォーターサーバーを検討する場合は、自分に合ったものを選んでみてください。

水道水を補充するタイプのevery frecious miniなら、コンパクトな見た目と使いやすいが特徴です。
専用カートリッジを使うだけで簡単においしい水が飲めるので、一人暮らしの人でも使いやすいウォーターサーバーとなります。
ウォーターサーバー選びに迷っているなら、every frecious miniを検討してみてください。